ADVANCEコース

レベル4に向けたドロン運用管理講習

レベル4に向けたドローン講習

2022年に導入されるドローン免許取得に向け、政府が推奨する「レベル4」の操縦技能を習得するための講習です。
コーチモード採用により、初心者でも安心して受講いただくことが出来ます。
長野県上田市を中心としてドローン講習会を開催していますので、県内はもちろん首都圏からの受講生もお待ちしております。

レベル4を見据えた先進的カリキュラムを採用!

DRONEフライトオペレーター 〜レベル4に向けた運用管理講習〜は、現在、国が2022年度の実現を目標に進める、無人航空機の有人地帯における目視外飛行(レベル4)の内容について網羅し、操縦技量の向上と運用に必要なノウハウを習得していただくことを目指した講習プランです。このようなコンセプトに基づき、新たな講習カリキュラムでは【目視外飛行・自動航行・側面・対面・撮影方法・安全運航管理】についての教習内容を標準化し、レベル4に対応する人材育成環境を整備します。

また、新型コロナの影響で感染防止の観点から非接触環境が推奨される中、DPCAにおても座学講習のeラーニング受講環境を整備いたしました。
eラーニングでは動画学習をベースに法律・ルールや申請方法・撮影設定・安全運航管理・運用方法など各項目を10名のインストラクターがわかりやすく丁寧にレクチャーいたします。
このeラーニング環境の整備に伴い、受講者は全国どこからでも、好きな場所、好きな時間にドローンの運用に必要なノウハウを学習することが可能になります。
今後も受講者にとってより良い講習となる為にできることとは?という視点から我々にできることを推進してまいります。

※レベル4とは、「無人航空機の有人地帯における目視外飛行」として、国が実現を目指すものです。

DRONEフライトオペレーター
~レベル4に向けた運用管理講習~ とは

この講習会は、 初心者の方から経験者の方までを対象に国土交通省航空局が規定する飛行マニュアルに則った「ドロ一ン操縦者育成カリキュラム 」となっております。
この講習会のおいて学科試験及び実技1日目の検定試験を合格され、全ての基準をクリアされた方には国土交通省への飛行許可審査に活用することが出来る「技能認証」を発行いたします。

また条件も満たせば「技能認証」の即日発行も行います。

(2021年3月までの時限措置として、これまで開催していた基礎カリキュラムも開催しており、実技1日か2日間のどちらかをお選びいただけます。)

DRONEフライトオペレーター ~レベル4に向けた運用管理講習~
DRONEフライトオペレーターが支持される理由

DRONEフライトオペレーターが支持される理由

本講習では実技講習においてコーチモードを採用しています。
コーチモードとは実技講習時、受講者が万が一誤った操作によって機体が意図しない方向へ移動しそうになった場合でも、すぐにインストラクターが危険回避をできる方式のことです。
インストラクターが受講者の隣で送信機を持って指導するこの方式によって、初心者の方にも安全に安心して受講いただくことが可能です。

現場ニーズに対応する為のカリキュラムを実施

この講習会では実技1日目に国土交通省 飛行マニュアル 2-1「基本的操縦技量の習得」を実施し、2日目に国土交通省 飛行マニュアル 2-2「業務を実施するため必要な操縦技量の習得」にかかる内容を実施します。
2日目には目視外飛行及び夜間飛行訓練も実施し、検定合格者へは国土交通省へ目視外飛行及び夜間飛行申請を行うために有効な技能証明を発行いたします。

現場ニーズに対応する為のカリキュラムを実施

e-ラーニングを通じて好きな時に座学が受講できる!

e-ラーニングを通じて好きな時に座学が受講できる!

日頃お仕事などでなかなか受講時間を確保することが困難な方や、場所を選ばずに学ぶことが出来ます。
ドローンの概要や法律・ルール、電波や気象、撮影方法などそれぞれの項目を各専門分野の講師がわかりやすく解説します。
ドローンに関する知識を確実に習得し、習熟度を証明するための確認テストを用意しています。
また、受講者にはeラーニングシステムを駆使し、最新の法律情報やライセンスに関する情報など有意義な情報を発信いたします。

運用に必須の撮影方法についても学べる!

ドローンが持つ価値は、撮影を通じて情報を収集することだと考えます。

私たちは、長年の撮影現場での経験から、ドローン撮影での注意すべきポイントや正しい撮影方法について、事例を交えてわかりやすく丁寧におつてします。

運用に必須の撮影方法についても学べる!
ドローン講習はこんな方におすすめ

DRONEフライトオペレーター ~レベル4に向けた運用管理講習~

受講概要

□ 時間
座学 eラーニング
※詳細は申込者にお伝えします。
注)技能認証即日発行を希望される方は、2日目実技終了時までに座学・実技検定試験を全て合格する必要があります。

実技 両日とも  9:00~17:00ごろ
※季節によって講習時間が前後する場合がございますので、予めご了承ください。
※講習時間については多少前後する可能性があります。
※必ず連続で受講していただく必要はありません。隔週にて受講いただくことも可能です。
※1日目実技に合格できない場合、再検定を受験いただきます。(再検定日別途要)

■ 受講費用
・99,000円(税込)
※テキスト代、機体使用費、保険費込み

■技能認証発行費
・16,500円(税込)
※再検定費は11,000円(税込)

■最低催行人数3名~

ADVANCEコース

推奨ベーシックコース受講申し込みから技能認定証発行までの流れ
DRONEフライトオペレーターカリキュラム

受講概要

□ 受講要件
 ■満18歳以上
 ■両眼で0.7以上、かつ片目で0.3以上(矯正可)
 ■赤・青・黄色の3色が識別できる
 ■日常の会話を聴取できる
 ■ドローンの操縦に支障を及ぼす身体障害がない
 ■普通の読み書きができ、その内容を理解できる

□ 定員
 8名 ※18歳以上

□取得可能技能認証
 日中目視範囲外
 人口密集地
 建物から30m以内

□ 信州菅平高原会場
 菅平プリンスホテル
 (長野県上田市菅平高原1223-3735)
 お車の場合:上田菅平ICからおよそ21.6km 約29 分
 バスの場合:上田駅よりダボスバス停まで 片道500円

□ 信州蓼科高原会場
 蓼科女神湖体育館
 (長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野)
お車の場合:諏訪ICからおよそ28.2km 約41分

自治体協定締結数35・安心の講習実績 修了者5,500名突破!

DPCAは、これまで35の自治体と災害時運用協定を締結し、職員様のドローン操縦育成に関わってきました。
その中で培ったノウハウを余すことなく、これから受講する皆様にお伝えいたします。

またコーチモードやフライトシミュレーターなどを駆使し、安心で安全の講習体制を実現。
5,500名を超す修了者を輩出する経験と実績豊富な講習環境は、ドローンを効率よく学びたいと考えるあなたを決して裏切りません。

京都府/ 京都府警察/ 神戸市/ 京都市消防/天草消防本部/高知県土佐清水市/ 国立研究開発法人 土木研究所/ 兵庫県防災担当職員/ 加古川消防本部/茨城県建設技術公社/ 相楽中部消防本部/ 国土交通省近畿地方整備局/ 阪神高速技術株式会社/ 京都大学/国際協力機構(JICA)/関西電力株式会社/中部電力株式会社/福岡県港湾局/積水ハウス株式会社/九州ドローンコンソーシアム/吹田市消防/ダイキン工業株式会社 /パソナ・パナソニック株式会社/ 大阪芸術大学/京都トヨタ株式会社/ 清水建設株式会社/修成建設専門学校 /奈良県職員 /日本電気硝子株式会社 その他企業多数実績2020年12月1日現在

    ◇受講お申し込み

    下記フォームに必要事項を入力後、受講規約に同意いただける方はチェックボックスにチェックの上、送信ボタンを押してください。

    ■受講費用 99,000円(税込) ※テキスト代、機体使用費、保険費込み

    ■技能認証発行費 16,500円(税込) ※再検定費は11,000円(税込)

    推奨ベーシックコース

    必須 実技受講希望日(1日目)  月  日
    任意 実技受講希望日(2日目)  月  日
    ◇ お客様情報
    必須 種別
    任意 ご会社名
    任意 部署
    任意 役職
    必須 お名前
    必須 ふりがな
    必須 生年月日(西暦)
    必須 郵便番号
    必須 住所
    必須 以降の住所
    必須 電話番号
    必須 メールアドレス

    受講規約

    第1条 総則

    この受講規約(以下「本規約」という)は一般社団法人DPCA((以下「DPCA」という)並びに一般社団法人地域再生・防災ドローン利活用推進協会(以下「RUSEA」という)が運営するRUSEA支部が主催する各講習において受講者が守るべき条件等について定めるものとする。

    第2条 情報の提供

    1 講習受講のための登録において、正しくかつ完全な情報を遅滞なく提供すること。
    その情報が虚偽または不完全であった場合には、DPCA、RUSEA、その関連法人により調査および法的措置をとる場合があるものとする。
    2 講習受験のための登録時に提供した住所、電話番号、電子メールアドレス等の情報に関して変更が生じた場合、主催者またはその関連法人に対して遅滞なく通知すること。
    3 受講に関連して提出された資料は全て主催者またはその関連法人に帰属し、いかなる場合もこれらの資料を返還しないものとする。

    第3条 個人情報

    1 受講者の個人情報は DPCA及びRUSEA のプライバシーポリシーに従って取り扱われるものとする。
    2 かかる法令に基づき個人情報を受講者の同意なく開示する場は主催者またはその関連法人はいかなる場合にも責任を負わないものとする。

    第4条 修了証と操縦技能認定証

    1 講習コースごとに修了検定試験を実施し、合格者に対し技能認証を発行する。
    2 技能認証は、ドローン操縦に係る技能及び知識の水準についてDPCAが定める水準に達していることを証明するものであり公的な免許のように法律で定められた職業上の資格ではないこと、およびドローンに関連する活動に従事するための登録または行政省庁の許認可に該当するものではないことを受講者は了承すること。

    第5条 受講料の支払

    1 受講者は、受講料その他所定の金額(以下総称して「受講料等」という)を、指定する期日までに一括でクレジットカード決済または銀行振込することとする。
    2 受講料等はいかなる事由においても一度納入された受講料等を返金しないものとする。

    第6条 受講資格の有効期間

    1 本講習の受講資格の有効期間は受講初日より6ヵ月間とし、受講者は有効期間内に本講習のすべての内容を受講するものとする。
    2 受講者が有効期間内に本講習の一部または全部を受講できない場合でも、受講料等の返金はしないものとする。

    第7条 中途辞退

    受講者は、本講習の受講を辞退する場合は、その旨を書面でもって届け出るものとする。
    ただし、この場合でも、受講料等の返金はしないものとする。

    第8条 変更

    1 主催者及びその関連法人が予告なく本規約および講習の内容、利用条件等を変更することができるものとする。
    2 内容が変更された場合には変更後の規約、条件等は所定のホームページへ掲載する。

    第9条 安全管理および免責

    1 受講者は講習の受講にあたり、インストラクター等の指示に従い、安全に十分配慮する義務を負うものとする。
    2 受講者が受講中に操作等を誤ったことにより生じた一切の損害については、主催者および関連法人で加入している保険の補償範囲内に限り対応を行うものとし、受講者の故意または重大な過失による場合等保険の補償対象外となる損害については一切補償せず、受講者がその賠償の責を負うものとする。
    3 主催者または関連法人は以下の各号について、受講者に対し一切の責任を負わないものとする。

    1. 主催者または関連法人の管理下にない状況下で発生した事故等
    2. 講習会場内において生じた盗難及び紛失
    3. 受講者同士のトラブル

    第10条 資格の停止・解除

    1 受講者に対し、以下の各号に定める行為を禁止するものとする。
    2 該当する場合は、受講資格を停止もしくは解除することができるものとする。
    この場合、すでに支払われた受講料等の返金はしないものとする。

    1. インストラクターの指示に従わない等運営を妨害する行為
    2. インストラクターまたは他の受講者等他人を誹謗、中傷する行為
    3. 暴力行為や威嚇行為
    4. 設備、什器、備品等財産の毀損行為
    5. 他の受講者の迷惑となる行為
    6. 許可なくネット上に受講の様子等と公開する行為
    7. その他、運営に支障がある行為
    8. 本規約に違反する行為

    第11条 講習内容の流用・開示

    1 実施された講習内の各試験(座学、技能)の問題および解答の内容、その他テキスト等講習に含まれる情報について他者へ報告または流用、開示しないこと。
    2 当該情報を開示した場合には、DPCA、RUSEA、その関連法人により法的措置をとる場合があるものとする。

    第12条 DPCA会員

    1 技能認証の交付を受けた受講者をDPCA会員として認定するものとし、DPCAが定める会員特典を受けることができる。
    2 DPCA会員入会には別途定める手続きと会費が必要とする。

    第13条 再発行

    1 技能認定証の紛失または盗難にあった場合、再発行の手続きができるものとする。
    2 再発行にあたり以下の再発行手数料を支払うものとする。
    再発行手数料 5,500円(税込)

    第14条 操縦技能認定証の有効期間

    技能認証の有効期間は、発行日の月末から2年間とする。

    第15条 技能認定証の更新

    1 所定の申込様式により操縦技能認定証の更新を申請する事ができ、DPCAによって受理された場合は技能認証の有効期間を更に1年間延長することができる。
    2 更新の手数料として以下の料金を所定の期日までにDPCAに支払うものとする。
    更新手数料 5,500円(税込)