1. HOME
  2. 事業案内
  3. 許可申請
  4. FISS(飛行情報共有機能)

許可申請

ドローン飛行のための許可申請

許可申請

FISS(飛行情報共有機能)

飛行情報共有機能

令和元年7月26日の審査要領改正により、許可承認が必要な場所・方法で飛行する場合は、飛行情報共有機能(FISS)へ「飛行計画」の登録が義務化となりました。

FISS(飛行情報共有機能)

無人航空機の利活用拡大に伴う更なる安全確保のために、航空機・無人航空機の飛行情報の共有を行う「飛行情報共有機能(FISS)」サービスが開始されました。

ドローンの操縦者がドローンを飛行する前に飛行計画を登録することで、その他の操縦者や航空機の運航者と情報を共有することができます。

ドローン情報基盤システム(FISS)を利用することによって

  • 同じ空域を飛行する航空機・無人航空機の飛行情報の確認をすることができます。
  • 航空法以外の法律(無人航空機等飛行禁止法等)で定められた飛行禁止エリアを確認することができます。
  • 本サービス上に登録されている地方公共団体が個別の法令で定めた飛行禁止エリアをまとめて確認することができます。

飛行までの流れ

  1. 許可申請
  2. 許可取得
  3. ドローン情報基盤システム(FISS)に飛行計画の登録
  4. 飛行
  5. 3か月に1回、国交省に飛行実績報告書(事後報告書)の提出

※ 許可取得後、実際に飛行をする前に、飛行情報共有機能(FISS)に飛行計画の登録が必要となったため、ワンステップ作業が増えることとなります。許可の取得方法や飛行後の対応に違いはありません。

↓↓ 詳しくは下記をクリックしていください ↓↓

飛行情報共有機能